ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

ホワイトニングの質問

デュアルホワイトニング(オフィスホワイトニング+ホームホワイトニング)について、オフィスホワイトニングをした日から一般的にどのくらいの期間でホームホワイトニングを始めるものですか?
オフィスホワイトニングのあと大体1ヶ月に一度程度、歯の色が気になったとき行うのがいいのではないかと思います。こうすると、ストレス無く、白さを維持することができます。
なぜ歯は変色するのでしょうか?
変色にはさまざまな原因が考えられます。一般的に考えられる原因は加齢やお茶、コーヒー、コーラ、タバコなどによる着色、そして外傷や歯の古い修復物によるものです。
歯が白くなるまでにどのくらいの期間が必要ですか?
通常は数日後に効果が表れ始めます。個人差にもよりますが、2週間続けることで効果がはっきりでます。
効果はどのくらい持続するのでしょうか?
個人差にもよりますが、処置前の状態に戻ることはありません。しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、再度ホワイトニングが必要になりますので、定期的に診査や診断を受け、継続的に使用してください。

審美歯科の質問

審美歯科治療に保険は適用される?
使用する材質によって保険の適用外になります。材料はいろいろありますので、詳しくはお気軽にご相談ください。
以前他の歯医者で銀歯をかぶせたのですが、白くすることは出来ますか?
一旦かぶせた銀歯を取り外し、かわりにセラミッククラウンをかぶせることで可能です。
前歯を差し歯にしたら歯茎が黒くなってしまいました。なおりますか?
金属の土台の場合、歯茎が下がって土台部分が露出してしまったり、歯槽膿漏などで変色するケースがあります。オールセラミックにとりかえるのが良いでしょう。オールセラミックは金属ではないので、歯茎が黒くなる心配はありません。
セラミックにするには歯の神経を取る必要があるといわれたのですが?
従来のいわゆる「差し歯」では神経を取る必要がありましたが、オールセラミックスはエナメル質のみを削りセラミックに置き換えるもので、特に、神経を取る必要はありません。ただし、歯並びを治す場合などは便宜的に神経をとることもあります。 詳しくは当院にお尋ねください。

入れ歯の質問

入れ歯をすると吐き気がするのですが
吐き気は、入れ歯が自分に合っていない事で生じる典型的な現象の一つです。
口蓋を覆う入れ歯の歯グキ部分が大きすぎて、敏感な軟口蓋に当たっている事が考えられます。 入れ歯を調整して、軟口蓋を刺激しないようにする事が、吐き気解消の近道です。
また、入れ歯全体がズレたり、ガタついたりしないように調整するために、マグネットを使用した入れ歯もお勧めします。
入れ歯安定剤を付けているのですが
一時的には歯ぐきに密着していても、長期間使っているとすぐに歪んできたり、最初は1日1回だけの使用だったのに、いつの間にか1日3回になったり、ひどい場合には何か食べるたびに付けなくてはいけなくなってきます。こうなると重症です。
入れ歯安定剤をいつも同じ量で同じ場所につけることは不可能だからです。
その度噛み合せが変わってしまい、よけい歯茎がブヨブヨになったり痩せたりします。
手遅れになる前に入れ歯を調整して、安定剤を使用しなくてもよい入れ歯を作る必要があります。
入れ歯の修理は時間がかかるの?
当院は技工士がいるので、他院に比べて比較的迅速にあなたにあった入れ歯をお渡しできます。
インプラントと、入れ歯の違いはなんでしょうか?
入れ歯は歯のない箇所を、床と人工歯で補います。歯が残っている場合は、そこに針金等の維持装置をつけ、入れ歯を外れないようにします。

インプラントは、歯のない箇所に、人工の歯根を手術で、その上に冠をかぶせます。
費用もインプラントは高額になりますので、どちらの治療がよいかは相談ください。
診療時間
9:30~13:00 ×
15:00~19:30 × ×
フォームでのお問い合わせはこちら