ホーム > 歯が抜けた時の治療

歯が抜けた時の治療

インプラント

歯を失ったら入れ歯!ではありません
インプラントは失った歯の部分の骨にチタンのネジを打ち込み、それを土台として、かぶせを作る方法です。
これまで、歯を失ったときの治療の選択肢は2つしかありませんでした。
入れ歯とブリッジです。
入れ歯をすると、違和感があり、噛む力が弱まります。
ブリッ ジは、失った歯の左右にある歯を削ってかぶせをする方法であり、健康な歯を傷つけることになります。
インプラントは、手術をする必要はあるものの、健康な 歯を傷めることなくかぶせを作ることができ、食事もしやすく、見た目も美しい治療法です。
1本の歯を失った場合

もっとも一般的なインプラント方法で、失った部分に1本だけ埋入します。
ブリッジのように両サイトの歯を削らずに済む点がメリットといえます。
また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

奥歯も含めて複数の歯を失った場合

数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合、部分入歯を用いるのが通常でした。
しかし取り外し式の部分入歯は、残りの歯と、歯のない歯ぐきでささえられなければならず、負担がありました。
インプラント治療の場合、インプラントを支えとした固定式ブリッジなので、安定です。

入れ歯

保険適用の入れ歯におけるメリット・デメリット
【素材】歯科医療用プラスチック(レジン)のみ メリット
  • 保険適応なので安価
  • 半年を経過すれば作り換えることができる
デメリット
  • プラスチック製であるため、熱の伝わりが悪い(食事の温度を感じにくい)
  • 分厚い
  • 違和感が強い
  • 安定しにくいために、落ちたり外れたりしやすい
  • アゴの骨がだんだんと痩せてくることで、徐々に合わなくなってくるため、定期的な調整が必要
  • 見た目が良くない
自費診療の入れ歯におけるメリット・デメリット

以下「金属フレームを用いた入れ歯」を一例に挙げます

  • 金属フレームを使用する入れ歯
  • 留め金が金属ではない入れ歯
  • フレームと留め金が金属ではない入れ歯
  • 金属をチタンや金合金に変更した入れ歯
  • ソフトシリコンを使用した入れ歯

以下「金属フレームを用いた入れ歯」を一例に挙げます

【素材】コバルトクロム合金、白金加金、チタン合金など
メリット
  • ご自分に本当に合った入れ歯を作ることができる
  • 残っている歯の雰囲気に合わせることができる
  • 厚みを薄く製作することができる
     ⇒厚みが薄いので、味覚を損ないにくい(厚みが増すと味覚が損なわれる)
     ⇒厚みが薄いので、保険の入れ歯に比べ使い心地がよく、お口の中を広く感じられる
  • たい食物は冷たく熱い食物は熱く、食事の温度を感じられる
  • 入れ歯自体に強度がある(金属のフレームは頑丈で、通常の使用で壊れることはない)
  • 保険の入れ歯は、必ず金属の留め金が必要になるが、自費の入れ歯は留め金部分に
     金属を使用せずに作ることができるため見た目が自然に仕上がる
  • 将来的に作りかえる場合にも、金属フレームを再利用できる(当院で制作した場合)
  • 材質、設計、使い勝手など、患者さんご自身の要望を反映できる
  • 際に入れ歯の制作にあたる歯科技工士と歯科医師の両者がお口の中を拝見し、入れ歯の適合性を向上させている(当院で制作した場合)
  • 入れ歯を製作した歯科技工士が、完成後もアフターフォローを行うようにしている(当院で制作した場合)
デメリット
  • 保険適用ができないため、価格が高め

ブリッジ

メリット
  • 両サイドの歯がしっかりしていれば、確実な治療が可能です。
  • 固定式のため違和感がありません。
  • 1~2ヶ月程度で、歯が入りります。
デメリット
  • ブリッジを固定するために健康な周りの歯を削る必要があります。
  • 周りの歯に負荷がかかるため、長い目で見ると歯の寿命が短くなります。
  • 発音に問題が生じる場合があります。

インプラント・入れ歯・ブリッジ早わかり表

治療法 インプラント 入れ歯 ブリッジ
審美性
噛む力
耐久性 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
健康な歯を削る なし なし  両隣の歯を削る
違和感 なし 有り 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせる事がある
手術 有り (抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります 険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、
自由診療となります
治療期間 通常6~24週間程度 2週間~2ヵ月 2~3週間
診療時間
9:30~13:00 ×
15:00~19:30 × ×
フォームでのお問い合わせはこちら