ホーム > 小児(矯正)歯科

小児(矯正)歯科

小児歯科

赤ちゃんの口の中に虫歯菌はいません
それなのに、どうして大きくなると虫歯になるのでしょうか。
実は、虫歯を作るばい菌は、ほとんどがお母さんから の感染です。幼児期にしっかりとコントロールすれば、ほとんど虫歯菌のいないお口のまま成長することができます。

当医院では、おなかに赤ちゃんができたときから未来のお子さんのためにお母さんの指導をさせていただきます。妊娠中のお母様も、妊婦歯科検診を兼ねて是非 お越しください。できてしまった虫歯についても、お子さんが治療を嫌いにならないように、少しずつ、なるべく痛みのない治療を行います。虫歯ゼロの歯を目 指す上で大切なのは定期的な予防処置をすることです。

小児矯正歯科

歯並びも身だしなみも一つです
歯並びが悪くなると、歯磨きをしたときに磨き残りが多くなり、そこから虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
また、噛みあわせが悪いと姿勢が悪くなり、肩こり・腰痛を引き起こします。
小学校低学年の早い段階であれば、あごの成長をコントロールできますが、放置したままでは手術が必要になる場合もあります。 美しい歯並びは、その人の品格を問われる身だしなみの1つです。

当医院では、大人になったときに綺麗な歯並びで安定するよう、予防的治療や調整を行います。できる限り、大人の歯は抜かず正しい歯並びを誘導いたしますの で、ご安心ください!せっかく整った歯並びが成長とともにまた崩れてしまっては意味がありません。しっかり噛める美しい歯並びを目指して、お子さんの成長 を見守り、大人になるまで責任を持って、定期的な観察や必要な処置を行います。歯並びはお子さんの一生に関わる問題です。
ゆっくりと納得が行くまでご説明いたしますので、是非1度ご相談ください。
診療時間
9:30~13:00 ×
15:00~19:30 × ×
フォームでのお問い合わせはこちら