ホーム > 予歯科防

予防歯科

予防のために必要なこと
毎日ブラッシングと定期検診

歯科衛生士が一人ひとりに適した正しいブラッシング方法を指導します。

フッ素塗布

歯科衛生士が一人ひとりに適した正しいブラッシング方法を指導します。

シーラント

奥歯の溝はもっとも虫歯になりやすい場所。その溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋める処置をシーラントといいます。虫歯予防に効果的です。

予防にも種類があります

当院では資格を持った歯科衛生士が常勤し、患者さん一人ひとりに適切な予防処置を行っています。
ブラッシング指導や、PMTCといった本格的な歯のクリーニングなどのほか、噛み合わせのチェックや食事を含めた生活習慣の指導など、包括的に予防歯科に取り組んでいます。

  • いつも歯の溝に黒い虫歯ができる     ・・・歯の溝を埋める治療があります
  • 初期の虫歯を予防したい          ・・・お手軽フッ素加工
  • 自分ではとれない歯垢をとりのぞきたい  ・・・歯茎の中、歯の隙間まで徹底的にバイ菌除去
  • 歯磨きに自信がない             ・・・正しい歯磨きが歯の一生をきめる
シ―ラント
奥歯には複雑に入り組んだ溝があり、食べかすなどが詰まりやすく、ブラッシングも困難です。シーラン トとは、奥歯の溝を歯科用プラスチックで埋めて噛み合う面を滑らかにする処置です。施術することで食べかすが詰まりにくく、ブラッシングしやすい歯面をつ くることができ、虫歯を効果的に予防します。
フッ素塗布
フッ素には、歯の表面に直接塗布することで歯質を高める効果があります。
また、フッ素には歯の再石灰化を促す効果があるので、初期の虫歯を治癒できることもあります。
PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaningの略で、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を使って行う歯のクリーニングのことです。
どんなにきちんとブラッシングしているつもりでも、歯 と歯の間や歯と歯ぐきの間などは、磨き残しがあるものです。
その磨き残しが蓄積しないよう、PMTCによってすべてのプラークを徹底的に除去。
また、細菌の塊であるバイオフィルムを破壊します。
ブラッシング指導
お口に病気を寄せ付けない!

毎日丁寧にブラッシングしていても、自己流の方法が正しいブラッシングであるとは限りません。誤った ブラッシング方法だとプラークを 効果的に除去できず、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。当院では、歯科衛生士が患者さん一人ひとりの口腔内を把握し、適切なブラッシング指導を行っ ています。
予防の基本はやはり毎日のブラッシングです。正しいブラッシング方法を学び、歯の健康を維持しましょう。

定期健診の重要性

治療が終わったばかりの口腔内は、細菌が減り、再発しにくい環境となっています。しかし、治療前と同じようなケアをしていると簡単に再発してしまいます。
虫歯や歯周病を再発させないためには、毎日の丁寧なセルフケアに加えて心がけていただきたいのが、歯科医院での定期検診です。定期検診では、適切な予防処 置を行ってお口の病気を寄せ付けない環境を保ちます。また、プロがお口の病気の兆候を見逃さず、万が一再発していた場合に早期発見・早期治療につなげま す。
定期検診は、定期的に受けなければ意味がありません。お口の健康状態が低下する前に、適切なメインテナンスを行うことが重要なのです。
当院では、半年に一度、1年に一度など、患者さん一人ひとりの口腔内環境に合わせたメインテナンス期間を設定しています。せっかく取り戻した健康な口腔内を、適切なメインテナンスで維持しましょう。

当院では、生涯健康な歯を目指す皆様のお手伝いをさせていただくために、お口の中を徹底的にチェックする歯科ドックを実施しています。これにより、患者 さまの現在のお口の状態を把握し、必要な指導や治療の選択、将来起りうるお口のトラブルの予測を行うことができます。すでにかかりつけ医をお持ちの方であれば、セカンドオピニオンとして歯科ドックを利用することも可能です。

歯科ドッグに関するご質問・ご予約はお気軽にお問合せ下さい。
※返信にはお時間を頂くこともございます。お急ぎの場合は、お電話よりお願い致します。

診療時間
9:30~13:00 ×
15:00~19:30 × ×
フォームでのお問い合わせはこちら