ホーム > 歯を白くきれいにみせる

歯を白くきれいにみせる

メイクするとき、歯の色まで気にしていますか?

お口には毎日いろいろな食べ物が通り、その度に必ず歯に色がつきます。
治療により、神経をとったり、詰め物をかぶせたりした部分も、年月の経過と共に徐々 に周囲の健康な歯と違う色になってきます。

クリーニングやホワイトニングで、白く若々しい口元を取り戻しましょう。
当医院では最新式のホワイトニング機器 を導入しております。

審美的なかぶせについてもご相談承っております。
当医院では金属アレルギーの方に優しい非金属素材(セラミック材料)を用いた治療が可能です。
自然な質感で審美的にも優れた素材です。アレルギーが原因で治療をあきらめていた方、お気軽にご来院ください!

ホワイトニング

当院で行っているホワイトニングの処置について、簡単にご説明します。

1.クリーニング

まずは表面についた汚れをきれいに落とします。専用の研磨剤や細かな粒子を吹き付けることによって、普段の
お手入れでは汚れを落とせない所を隅々まできれいにします。

2.ホワイトニング

ホワイトニングには次の2種類があります。

★オフィスブリーチング★
当医院で1時間程度の時間をかけて漂白します。
1回で白くなりきらない場合は、2回から3回かけて行う場合もあります。

★ホームブリーチング★
患者さま専用のマウスピースを作製し、自宅で1日1時間ほど装着します。
歯を白くする漂白剤を塗ったマウスピースをはめます。 通常、1週間から3週間かけて行います。

オールセラミック

オールセラミックとは、歯の全体を削り、セラミック製のかぶせ物をすることで、歯を白くきれいに見せる方法です。
ホワイトニングでも白くならない歯や、虫歯になった歯に対して行われる治療法で、歯の色はもちろん、形や歯並びなどの審美性を改善することができます。
通常、かぶせ物には土台などに金属を使用しますが、金属は光を遮断してしまうため、光を透過させる天然の歯のような質感や白さは得られません。

その点、オールセラミッククラウンは、金属を一切使用せず、光を透過させるファイバーコアという材料を使用するので、天然の歯のような白さと光沢を得られるところが特徴です。
虫歯の治療と同時にホワイトニング効果も得られるので、特に前歯など、審美性が求められる部位に人気の治療法です。

通常のホワイトニングの場合、重度の着色やテトラサイクリンによって変色した歯には効果がありません。
また、虫歯がある歯や欠けた歯にホワイトニングを行うと、ホワイトニング剤の影響で痛みを伴ったり虫歯が悪化したりするおそれがあります。

一方、オールセラミッククラウンは、ホワイトニングで白くできない歯を白く見せることができる上、虫歯の治療を兼ねて白くできるというメリットがあります。
オールセラミックのメリット
  • 見た目が良く、ほとんど変色しない
  • 汚れが付着しにくい
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーが起こる可能性が低い

ハイブリッドセラミック

セラミックとプラスチックの掛け合わせた素材で製作します。
色調、強度ともに保険のプラスチックに比べ優れています。
症例により金属で補強する場合があります。

ジルコニア

人工ダイヤの素材として有名なジルコニアは、もとは白色の固体で、その白く美しく強い特性を活かし、欧米では金属を使わないオールラミック治療のスタンダードな材料として使用されてきました。日本では2005年に認可され、優れた歯科材料として注目を集めています。

インプラントにおいては、上部構造(人工歯の部分)と、インプラント体と上部構造をつなぐアバットメントという部分に、使用されます。
ジルコニアの主材料である酸化ジルコニウムは、その驚くべき強度が注目され、産業界ではスペースシャトルの耐熱タイルやF1のブレーキシステムの部品に採用されてきました。

また、人体に対する安全性(生体親和性)が高いのもこの素材の特長で、整形外科の分野では人工関節の材料として活用されています。
メタル素材を使った歯科 治療と比較すると、「天然の歯に近い美しさ」以外に、表面が滑らかで汚れにいため、「細菌の付着が少なくプラークコントロールがしやすい」点も大きなメ リットです。
ジルコニアは金属より硬いにもかかわらず、重さは金の3分の1程度と、軽いのも特徴の一つで、海外では「白いメタル」と評されています。
診療時間
9:30~13:00 ×
15:00~19:30 × ×
フォームでのお問い合わせはこちら